合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

乗換検討

今迄『 Web Liberty 』さんの『Web Diary Professional』をずっと使ってきたが、管理人、ないとさんの開発ウェイトがこのPHP『 freo 』に移ってきたこともあり、そろそろ俺も乗り換えたほうがいいかなと思って、検討がてらテスト書き込みを行ってみる。

インフォメーション

 書き込みが誹謗・中傷であると管理人が判断した場合、非公開設定であっても公開します。ついでにホストも公開します。露骨な宣伝広告等は予告なく削除させていただきます。

また、この日記は結構字を大きくして書いてあるので、キーボードの「Ctrl」キーを押しながらマウスホイールを上(前方)に回して字の表示を大きくすると読みやすくなります。

 

 

 

 

豆々式実況中継
豆々がツイッター気味につぶやく、日記にするまでもないひとこと…
っていうか、日記の種にはなるかもしれない「つぶやきライクメモ」。

エントリー

2017年12月14日の記事は以下のとおりです。

12月14日 木曜日 2

  • 2017/12/14 19:02

 寒い。今朝は近所の銚子でも1.4℃まで下がった。抜けるような青い空、放射冷却で冷え冷え。寒いの暑いのは嫌だね。

 今日はずっとUNIXいじり。FreeBSDGhostBSDTrueOSOracle SolarisOpenIndianaなどを主にいじっていた。FreeBSDはデスクトップ環境を作るのは置いといて、全部インストールできてからにしようと思う。

 ところがOracle SolarisTrueOSがブートできない。Oracle SolarisはブートマネージャがGrub2で、しかも任意の場所にインストールできない(できるかも知れないがその方法を見つけてないのかもしれない)から無理っぽいなと理解できるのだが、何故TrueOSがブートできないのかわからない。

 ド素人がシステムぶっ壊す覚悟でやっているのでかなり無骨で乱暴・荒っぽい技も使うがそこは大目に見てください。なにしろシステムぶっ壊してもいい人なので…前にOracle Solaris入れた時もマルチブート無理だったんだよな。結局ダメなのかもしれない。結局起動しませんでしたっつぅ展開もありだと思う。理論を全然解っていないので「バカだコイツ」と言われてもしょうがない。『文系のUNIXマニア』(といっても「理系ではない」という意味での「文系」であって「文系」と偉そうに名乗れるほど文系じゃないというのはこの文章お読みになれば解るでしょう)ということで、そんなところだろうな、というレベルである。

 LinuxBSDSolaris、などUNIXのマルチブートを企んではいるが勝算なし。だいたい、ほとんどの人が何故俺はマルチブートにこだわるか疑問に思うかも知れないが、始まりは2000年前後、『WindowsMe』というカスのようなOSを購入してしまい、その使いづらさ、重さは『VISTA』に勝るとも劣らないカスさには絶望した。(『豆々のほうがカスだ』という声は十分に届いてますがそこんとこは置いといて)とにかくMeはダメだった。

 そんな折、何かの雑誌だったかに『Windows2000』のプレビュー版のCDが付録についていた。思わずインストールした。手順は忘れたが見事にWindows2種のデュアルブート環境ができた。その、「切り替える」、「気分で選べる」、という、『オー(感嘆)』さ加減が楽しかった。それがルーツである。

 初めは大変だった。当時はDebianRed Hat Linux(まだRHELがない頃)を主にいじっていたがもうそれは、「それ、サンスクリット語?」と思うくらい理解できず苦しんだしDebianに至っては分厚くてバカ高いマニュアル本『第3版 Debian GNU/Linux徹底入門―Sarge対応―(翔泳社・4,980円!)』まで買ったが、当時は理解できなかった。今になってみれば解るのかもしれない。そのマニュアル、売りたいのは山々だが、二束三文だろうな。付録のCD/DVD-ROMも紛失してしまったしこんなの買うんだったら、『精神科治療薬ハンドブック改定7版(中外医学社・5,616円)』の新しいのが出ているのでそれを買いたいんだが…。

 *               *               *

 本を読みたい。同じ情報でも、電子書籍と紙の本では、有り難さが全然違う。積み重なった本の数々は、その人の勉強の歴史。合理性を求めると結局電子書籍になってしまうのかもしれないが、電子書籍に全く利点がないわけでもない。嵩張らない・重くないといった携帯性に優れているから出先・車内で読むのはいいのかもしれない。豆々は全く電子書籍使う気がないのかと問われればそんなことはない。ただし、それとは別に紙の本も買うと思う。物欲があるので。大谷じゃないけど二刀流。

 *               *               *

 俺は今、物を書きながら睡眠状態に入った。文の脈絡とは関係なく『ここに来てくれた人が』と目を開けたまま眠りつつタイプしていた。途中で内容無関係の文章を書いていることに気づき目覚め、削除した。そういえば昨夜から今まで寝ていなかった。時々こういうことがある。多分フルオキセチン60mg飲んだからそのせいかもしれない。ずっとコーヒーも飲み続けてたし。今日もインスタント(察しの通り『レギュラーソリュブルコーヒー』(笑)です。)意欲がなく豆挽いて淹れる気にならない。

 億劫おっくう病だ。役に立たない人。ダメ人間。俺はなんの価値もない人間。ホリエモンのあの一言、効いたな…。いや、ホリエモンは真実を言ったのかもしれない。俺はホリエモンに対して処罰感情はない。『役に立たない』と、恐れていた自己評価を他人に言われたことがグサッときたね。頭のなかで『役立たず 役立たず』という言葉がグルグル回っている。このことが俺の今の精神状態に影響を及ぼしているのは、恐らく正しいし、事実だ。図星だから反論できない。

12月14日 木曜日 役に立たない人

  • 2017/12/14 02:16

 堀江貴文 / 「税金で高等教育をあまり役に立たない人に施すのは間違ってると思う」

 

 …『役に立たない人』かぁ…俺がきっとそうなんだよなぁ…。奨学金はもらっていないけれど、『役に立たない人』っていう言いぐさは効いたなぁ…俺の場合、『あまり』役に立たないじゃなくて『まったく』役に立たないだから…東大入った人にそう言われるとねぇ…言い返せないよね。『まったく役に立たない人』だから…。『役に立たない』か…そうだよねぇ…こうやってさ…暇こいて役に立たない文章を日がな一日書いてるやつなんか世の役に立たないよなぁ…。彼のこういう発言を巷では『上から目線』って言うんだろうけど、だって東大入るような人だもの。俺から見れば明らかに上だろうよ。俺がこの発言にクレームつけたって、どうせ負け犬の遠吠えだもんな。こういう人のこういう発言は、この人より上の人が言って、初めて効力を持つ。何言ったって『負け犬の遠吠え』と言われたらそれでおしまいさ。豆々という役に立たない人間は今日も文章を書いて途方に暮れるのだ。この文章さえなにも役に立たない

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年12月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
トータル
ページビュー:2502606 | ユニークアクセス:2088017
今日
ページビュー:1257 | ユニークアクセス:1231
昨日
ページビュー:4085 | ユニークアクセス:4018

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード

Links

ページ

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed

BlogParts

    PVアクセスランキング にほんブログ村