合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

エントリー

11月3日 金曜日 文化の日

  • 2017/11/03 00:10

 日が明けた。しんどい。遂げなければ遂げなければと呪文のように唱えている。睡眠薬飲んで練炭というのが弱虫な俺には一番いいのかもしれない。これだけ飲んで眠れば一酸化炭素発生時にも起きることはないだろう。

 このサイトの復旧を試みたりモノを購入したりと、これから遂げようとしている人間に矛盾を感じるかもしれない。でももう生きていたくないという思いも一方にはあるんだ。急に来るんだよその時は。もう嫌だこんな人生。未来もなにもない。

 

ページ移動

コメント

権限がありません

このコメントを閲覧する権限がありません。

  • 2017/11/04 18:13:09

豆々

 ◯◯………さんこんばんは。
お忙しくなさっていたのでしょうか、ご無沙汰しております。僕はそんなこんなでまだ心臓は緩慢ながら動いています。
 例の事件は、若い女性7人とその彼女彼氏一組の9人が殺害され、その死体を切断して自室で放置しておいたようですね。学校でいじめに遭ったか、将来を悲観してだか自殺願望があったかもしれないですが、死後の自身について、腐ってハエがたかって、悪臭を放つなんて若い女性ならきっと望まないだろう状態にされたわけで、そこまでリアルな死生観なんてなかったと思います。

 彼女らが死にたいと言っていた、それを免罪符にしようなんて言うのはそれは違うと思います。自殺願望はあったかもありませんが、被殺願望まではなかったと思いますね。それに死後の自分の扱い方なんて全然なかったのではないかと。死は必ずしも綺麗ではないものです。

 自分の肉が腐るとか、ぐちゃぐちゃになって変な汁が出て、大腸の中のうんこにウジがたかる姿なんて、考えてもいなかったでしょう。焼かれて終わりくらいにしか考えてなかったと思います。家族にさえ見せるのをはばかられる状態でしょう。

 僕も若い頃はそうでした。死体の扱いなんて、火葬場のオヤジに一任されていたでしょう。せめてきれいに死ねたなら、いくらか救いにはなったのでしょうか。僕の思いも相互に食い違い、かけ離れています。矛盾だらけです。

 僕が死ぬ時はもう、ここに何か遺書めいた言葉を書くこともないでしょう。お金がなくなって文化的な生活ができず、腹へらして更に弱って死んでいく…。そんなシナリオが、だいたい見えている…。

 ですからここに、死ぬ日までアクセスする事ができるなら、ある意味幸福なのかもしれませんね…。

  • 2017/11/04 23:43:32

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
トータル
ページビュー:2430809 | ユニークアクセス:2022560
今日
ページビュー:1160 | ユニークアクセス:1133
昨日
ページビュー:2462 | ユニークアクセス:2355

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード

Links

ページ

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed

BlogParts

    PVアクセスランキング にほんブログ村