合計  今日  昨日  現在名様ご来訪です。

エントリー

5月7日 火曜日

  • 2019/05/07 18:47

 今朝は朝から怒号が飛び交った。母が「食パンをちぎって食べてみて」というのでちぎって食べたら「なんで食べるのよ?!」と怒鳴りやがったから俺わけわかんなかったので怒鳴り返した。で喧嘩になって俺は扉を蹴って自室に戻ってきた。これって、俺が悪いの?
 俺の攻撃的性分は、間違いなく母の遺伝。人を責める傾向も母の遺伝。こう言っちゃなんだが、俺の悪い面は、ことごとく母から受け継いでいる。これを指摘しようもんなら、「もういい!もう頼まない(何を?)!お前、もう親でも子でもない!出ていけ!」と、こうなるんだ。母は自分に不利なことを指摘されると、こういう逃げ口上をたれて立ち去る。高校生時代の俺がこう言われて、その話者の顔をパンダにすることを抑えられるはずもなく。DVと言われればDVなんだけれどね。でも、母以外の女性を殴ったことは無いよ。「窮鼠猫を噛む」状態だったんだ。
 似た者同士は、相性が悪いというもんね。親の誤算は俺が親以上の腕力を持ってしまったこと。実力行使は絶対にないと勝手に思い込んだこと。俺は滅多なことでは暴力は振るわないが、理不尽が過ぎる時にはぶん殴る。人の足元見やがって。許さねぇ。
 ひよりが泣いて、「お兄ちゃん怒らないで」と懇願した。こんな理不尽を吹っ掛けられて、怒るなってか?人一人くらい簡単に殺せるんだぞ俺は。ひよりも母が悪いと思ったんだろう、仲を取り持って母に進言したんだろう、母が謝ってきたので、喧嘩も面倒くせぇしもういいやと思って「あぁ!」と返した。

 ひよりにしても、激しいものになりがちな俺と母の喧嘩が勃発すると結構衝撃が大きいんだろう。俺が怒るとかなり尋常ではないらしい。そりゃ尋常じゃないさ、俺が悪者に仕立て上げられてるんだから。なんで無実の俺が罪人みたいに扱われるんだよ?母はどうにかして俺に全責任があるみたいに持って行こうとする。俺を怒らせる天才だね母は。あまり相手を論破しようとしないほうがいいよ。ボキャブラリーが少ない男は、口で敵わなければ実力行使に打って出る。下手すりゃ実力行使で命を落としかねない。相手に手を上げなければ常に無罪か…無罪である。どんなに口汚く相手を論破して相手のプライドをズタズタにしても、無罪である。ICレコーダーで一言一句記録していればわからないが、手を上げたほうが法律的には全面的に負け。論破したという満足を基とした快楽が命より価値があれば、まぁ止めようがないが、そんな人…中にはいるんだろうな。理解に苦しむが…。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
トータル
ページビュー:2990267 | ユニークアクセス:2532290
今日
ページビュー:641 | ユニークアクセス:540
昨日
ページビュー:1844 | ユニークアクセス:1583

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード

Links

ページ

ユーザー



新着画像

新着エントリー

新着コメント

過去ログ

Feed

BlogParts

    PVアクセスランキング にほんブログ村